2009/10/05

おからこんにゃく作ってみました

前に紹介したおからこんにゃくですが、購入した「こんにゃく粉」が届きました♪(過去の記事
結局、最初に購入したショップは送られてくるのに1ヶ月かかるということで、もう1ヵ所別のところに注文しちゃいましたw
こちらです。 ⇒ 心太の伊豆河童 こんにゃく粉 100g×2 

こちらのショップでは、3日ほどで送ってきてくれました。(ありがとうです♪)
1セット1980円。メール便で送料無料です。(2セット以上になると、宅配になって送料かかるみたい?)
okakon1.jpg


中はこんな感じで、ご飯と一緒に炊くと量が多くなって味もかわらない上にカロリーダウンとういう「乾燥こんにゃく米」をプレゼントしてくれました!他にもこのお店で使える300円のクーポン券まで入ってましたよ♪goodなショップですねー。

okakon2.jpg


こんにゃく粉は100グラム入りが2袋と水酸化カルシウム(凝固剤)のセットになっています。

okakon3.jpg


急いで近所のスーパーに「おから」を買いに行って来ました。1袋120グラム×2入っていて、105円です。見間違えて1袋120グラムだと思い、3袋も買ってしまって、合計720グラムになっちゃいまいした。(汗) 安いし、他にも使えるからいいですけど・・・。

okakon4.jpg


作り方もショップから説明書がついていました。でも、普通のこんにゃくの作り方は載っていなくて、おからこんにゃくの作り方の説明書だけでした・・・。お店もわかってるんですね。(笑)


<材料>
おから         300グラム
こんにゃく粉      40グラム
水酸化カルシウム  3グラム
お湯          4カップ(800cc)  30度前後で大丈夫です
水            20cc
卵            1個

となっています。以下説明文通りに作ってみました。色のついた文字が説明文です。

1.20ccの水に水酸化カルシウムの粉を少しずつ入れて、溶かします。溶かした後、たまごを入れてよくかき混ぜます。

okakon5.jpg

okakon6.jpg


2.大きめのボウルにおからを入れて、ほぐしておきます。

3.「2.」とは別のボウルにお湯を入れて、お湯にこんにゃく粉を少しずつ入れながら、
ゆっくりとかき混ぜます。


okakon7.jpg

okakon8.jpg

okakon9.jpg


4.とろみが出てきたら、「2.」のおからの入ったボウルに、「3.」のこんにゃく粉を溶かしたお湯を流し込み、すばやくかき混ぜます。

okakon10.jpg


5.「4.」に「1.」の水と卵を混ぜた水酸化カルシウムを加え、手でおからが全体にまんべんなく混ざるようにこねて、おからこんにゃくの素を作ります。
あまり長いことこねるとすごくかたくなるので、気をつけてください。
のり状より、ちょっと固めのやわらかさでOKです。

無理です。この時点でのり状態じゃないです。たぶん「3.」のこんにゃく粉を水で溶く部分の間違いじゃないかと思います。この後形成に入りますが、のり状態より少しかためくらいじゃ形が作れないですからね。やや不安になりましたが、この部分は急がなきゃと思って、あまり写真も撮れなかったのですが、とりあえず形をつくるところまでやってみました。こんな感じです。
写真よりポロポロした感じで、お湯に入れて大丈夫かなぁと非常に不安でした。お湯に入れる前に少しねかした方がいいかもしれません。私はすぐにぶっこみましたが。(笑)


6.「5.」を手で好きな形に整えます。

okakon11.jpg


7.「6.」を大きい鍋で30分間中火から弱火でゆでて、ザルにあげて、水分をきれば、おからこんにゃくの完成です。

家で一番大きな鍋なんですが、おからこんにゃくが大きいので、小さく見えると思います。これ以上たくさんは一度に作れないですね。
ずっと浮いたままなのでどうしようかと。混ぜて潰れたら困るしと思いながら、何回かひっくり返しましたが。(汗)

okakon12.jpg


完成です。1個150?170グラムくらいです。見た目は今にもくずれそうな感じがするのですが、実際はガバッとザルにあげましたので、大丈夫でした。こんにゃくのようにプルンといった感じもしませんが・・・。

okakon13.jpg

やったー!ちゃんとできたじゃないーw
初挑戦にしてはまずまずなんじゃないーー?と一応満足ですw



そこでさっそく本当に鶏肉になるのかしら?とから揚げを作ってみることに。
普段うちでは油を大量に使うのが嫌なので(面倒くさいからw)、ヒガシマルの揚げずにから揚げを使っております。それが残っていたので、いつも鶏肉でやっているのと同じような感じで作ってみました。冷ました手作りおからこんにゃく2つ(約300g)を一口大にちぎり、ビニール袋に揚げずにから揚げの粉をいれてフリフリします。全然鶏肉には見えません。

okakon14.jpg



完成です。見た目はから揚げとは程遠いですw 
本物の鶏肉なら、揚げずにから揚げでもちゃんとから揚げに見えますよ・・・。あたりまえかもしれませんが。
あまり美味しそうに見えないですが、食べてみましょう。

okakon15.jpg



お味は・・・・味がない?????!!
いつもの味がない???!どこに消えたんだ??????

ヒガシマルの「揚げずにから揚げ」の味がなくなってしまいました。やっぱりあれは、鶏肉用なんですね・・・。(涙)

食感も正直鶏肉というよりは、練り製品の天ぷらの感じです。ショックです。



しかし、まだあきらめてはいません。
まず、冷凍することによって水分が抜け、より肉に近い食感になるということです。
確かに今の時点では、水分が邪魔しているという感じがしますし、冷凍すると味付けの吸収力が増すそうですので、冷凍しましょう。

それからやっぱり揚げることが肝心のようです。今の時点では、出来立てホヤホヤですので水分も多く、下味がなかなか染みこみません。おからこんにゃくの焼肉風レシピでも、揚げてからタレをつけて焼くんだそうなので、揚げずにから揚げはまずかったようです。

次回は我が家の油は使わない家訓を曲げて、本格的なから揚げを作ってみましょう。



実はこの後、おからこんにゃくハンバーグを作りました。余ったおから(60g)も少し入れたので、おからおからこんにゃくハンバーグです。おからこんにゃく300グラム使って、肉は一切使いませんでした。実際はつなぎにミンチ肉を少し入れた方がいいみたいですね。この時点ではまだ水分があったので、ちゃんと形はできました。
出来上がりの味の感想は、普通のおからハンバーグって感じかな?ハンバーグはソースでごまかせますからねw 
次の日にお弁当に入れて職場に持って行き、食べた時は美味しかったです。(ホッ)


今日は、今冷凍している手作りおからこんにゃくを使って、普通に揚げるから揚げを作ってみたいと思います。ちゃんと出来たらまたアップしますね♪








関連記事

コメント

非公開コメント